PROFILE

  • MANAGEMENT

    此元和津也 KAZUYA KONOMOTO

    COMIC ARTIST SCENARIO WRITER

BIOGRAPHY

2010年、漫画「スピナーベイト」で漫画家としての活動をスタート。2013年、読み切りで掲載された「マジ雲は必ず雨」が人気を集め、その後「セトウツミ」に改題、連載スタート。2014年には、「聾の形」「弱虫ペダル」「僕だけがいない街」など名だたる作品と共に『第18回手塚治虫文化賞-読者賞』にノミネートされる。同じ場所、同じ二人の会話だけで繰り広げられる物語は、その後映画化、ドラマ化と拡大していき大ヒット。 2019年、「ブラック校則」では映画、ドラマ、Huluオリジナルストーリーで本格的に脚本家としての活動をスタート。現在は独自の作家性を生かして、漫画以外の領域へも活動の場を広げている。
2018年よりP.I.C.S. managementに参加。

LINK