池田一真監督による8K/HDRオリジナル作品『LUNA』、NHK BS8Kにて放送決定

/ TOPICS

池田一真が監督を手がける、2016年に制作した8K/HDRによる実写オリジナル作品『LUNA』が、2019年7月7日(日)にNHK BS8KにてテレビOAされます。
株式会社ロボットが企画・演出、株式会社IMAGICA Lab.がポストプロダクションを担当しています。
LUNA』は、「映像美と物語の融合」 「光の映像表現」をコンセプトに、8K+HDR(ハイダイナミックレンジ)で制作されました。「LUNA」は「月の女神」という意味を持ちます。
光の映像表現をコンテンツのテーマとして月をモチーフとして選び、8K/HDRで描かれた物語と、CG・合成およびカラーグレーディングによって生み出された世界観を通じて、ドラマチックな8K映像体験を提供する“新しい超高精細エンタテインメントコンテンツ”をご堪能ください。

◯ NHK BS8K放送予定 (放送日時は変更になることがあります)
7/7  (日) 16時00分〜 7/17(水) 10時40分〜
7/10(水) 21時45分〜 7/20(土) 16時40分〜
7/14(日) 13時10分〜 7/26(金) 10時30分〜
7/16(火) 16時10分〜

 ※7月以降も放送予定

〇 4K8Kの視聴方法などについては、下記をご参照ください。
https://www.nhk.or.jp/bs4k8k/

あらすじ:
ある秋の日。高校生の俊介は教室に見知らぬ少女・梨紗がいることに気づく。

自分だけが梨紗に違和感を感じる中、文化祭に向けたクラスの準備が始まる。
俊介は大好きな天体観測を通じて梨紗と親しくなっていくが、実は梨紗は秘密をかかえていた。

出演: 泉はる 伊藤健太郎 中島ひろ子(特別出演)

脚本:平田研也
脚本家。2002 年 山崎貴監督作品「Returner」に共同脚本として参加、

映画脚本デビューを果たす。脚本を担当した「つみきのいえ」は第81回米国アカデミー賞の短編アニメーション賞でオスカーを獲得。監督の加藤久仁生とともに絵本版の書き下ろしにも参加。
その他の主な脚本作に、「SHINOBI」(05)、「ボクは坊さん。」(15)、
共同脚本作に、「22年目の告白-私が殺人犯です-」(17)などがある。
また、マルコメ「料亭の味」シリーズのアニメCMでは、脚本だけでなく演出も手がけている。ROBOT所属。

演出:池田一真
映像ディレクター。番組ID、オープニング等のモーショングラフィックス、実写、CG、アニメなど、
手法にとらわれないディレクションと柔軟な制作スタイルで様々なジャンルの映像コンテンツを制作。

P.I.C.S. management所属。https://kazumaikeda.work/

<主な作品>資生堂 HOLIDAY COLLECTION / アース ブラックキャップTVCM / KIRIN Mets Web Movie / MAN WITH A MISSION「The Anthem」MV / 欅坂46「サイレントマジョリティー」MV / L’Arc-en-Ciel「Wings Flap」MV / NHK紅白2017 グランドオープニング

Pick up Works