長編映画 『花と雨』 2020年1月17日(金)公開決定!

/ TOPICS

いま、最も活躍が期待される注目の新進俳優 笠松将 主演
日本のHip Hop界の寵児・SEEDAの歴史的名盤を原案

映画 『花と雨』 2020年1月17日(金)公開決定!

P.I.C.S.企画・制作による、日本のHip Hop界で歴史的名盤と言われるSEEDAのアルバム「花と雨」を原案とし、新進俳優、笠松将が主演を務める映画『花と雨』が、2020年1月17日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷 他、全国公開されます!
幼少期をロンドンで過ごした主人公・吉田は閉塞的な日本の空気に馴染めないまま、高校生活を送っていた。次第に学校から距離を置く吉田にとって唯一”Hip Hop”だけが彼の拠り所だった。海外での活躍を目指す姉・麻里との約束を胸に、アーティストとして独り立ちするべく練習や活動に没頭する。しかし吉田は初めて自分の居場所を見つけたと思った矢先、チャンスを掴みかけては裏切られ、現実の厳しさに晒され次第に自分を見失っていく。そしてその先に待っていたのは、最愛の姉との別れだった。このままでは、俺は負ける。吉田はラッパーとして、1人の人間として、現実を乗り越えるべく立ち上がる…。

主演にはオーディションを勝ち抜いた笠松将。向こう意気の強さと脆い雰囲気を兼ね備え、役への熱量と圧倒的なパフォーマンスで主人公吉田を見事に演じ切る。他にも大西礼芳、岡本智礼を始めとするフレッシュなキャスト達が魅せる渾身の演技は観る者たちの心を揺さぶる。監督はミュージック・クリップやCMで数々の受賞歴を持ち、「Perfume」や「水曜日のカンパネラ」「ゆず」「Björk」など多くのアーティストのMVを手掛ける映像ディレクター土屋貴史。長編映画初監督作とは思えない、その計算し尽くされた抒情的な映像美、独特のリズム、大胆なカメラワークなど新しい映画作家の誕生を感じさせる。原案は、2000年代から今日に至るまで、独自の感性でその最先端を走り続けてきたアーティスト・SEEDAが2006年に発表し、多くのアーティストに影響を与えた日本のHipHopにおける伝説的アルバム「花と雨」。彼の自伝的なエピソードも交え、「現実と理想」「生と死」「アイデンティティの探求」など様々なテーマを通じて、“何者かになりたい”一人の青年が葛藤しながら成長する姿を描く。尚、本作ではSEEDA自身が音楽プロデュースを、東京最高峰のMC・仙人掌が演技指導を担当し、観客が映画と一緒にドライブする本物志向の音楽青春映画が誕生した。

【STORY】
幼少期、ロンドンで育った主人公の吉田は、閉塞的で村社会的な日本の空気に馴染めないまま、高校生活を送っていた。同級生や現実を冷めた態度で見つめ満たされない日々。そして次第に学校から距離を置くようになった時、”Hip Hop”と出会った。Hip Hopを通じて日本で初めて自分が表現できる場所・仲間とも出合い、身も心も”Hip Hop”にのめり込んでいく。吉田は、いつか海外での活躍を目指す姉・麻里との約束を胸にラッパーとしての練習や活動をしながらストリートでは、ドラッグディールで実績と自信をつけていく。しかし、物事はそう簡単にうまくはいかなかった。ラップバトルで再会する同級生には負け、掴みかけたチャンスは仲間に裏切られ次々と失った。初めて自分の居場所だと思えたからこそ、その現実の厳しさに晒され、自分を見失って行く。
Hip Hopへの情熱も薄れ、いつしか単なるドラッグディーラーに成り下がっていた。
夢に邁進する姉の麻里とも距離を置くようになり、いつまでもうまくいかない現実から逃げる吉田は、ついに逮捕されるはめに。そしてその先に待っていたのは、最愛の姉との別れだった。これが、自分のやりたかったことなのか?
吉田はラッパーとして、1人の人間として、現実を乗り越えられるのか・・・。

 

出演:笠松将
大西礼芳 岡本智礼 中村織央 光根恭平
花沢将人 MAX サンディー海 木村圭作
紗羅マリー 西原誠吾 飯田基祐
つみきみほ 松尾貴史 高岡蒼佑

監督:土屋貴史 原案:SEEDA・吉田理美

脚本:堀江貴大・土屋貴史
音楽プロデューサー:SEEDA
製作:藤田晋・中祖眞一郎
エグゼクティブプロデューサー:藤田晋・SEEDA
プロデューサー:松竹奈央・平賀大介
撮影:田嶌誠
照明:前川賀世子
美術:中村三五
録音:山本タカアキ
スタイリスト:臼井崇
ヘアメイク:Haruka Tazaki
キャスティング:東平七奈
VFX:水野正毅
編集:前田径成・土屋貴史
カラリスト:石山将弘
音響効果:勝亦さくら
助監督:川松尚良
制作担当:大川裕紀
アシスタントプロデューサー:篠﨑めぐみ
制作プロダクション: P.I.C.S.
配給:ファントム・フィルム
©2019「花と雨」製作委員会
2019年|日本映画|シネマスコープ|5.1ch|114分|