NYU MUNCH

ニュウ・ムンク展

ニュウ・ムンク展

Released / CONTENTS

ムンク展開催記念特別企画「ニュウ・ムンク展」を企画・制作。
東京都美術館にて開催されている「ムンク展—共鳴する魂の叫び」。
世界で最もよく知られる名画の一つ<叫び>を描いた西洋近代絵画の巨匠、エドヴァルド・ムンク(1863-1944)の傑作約100点を紹介する大回顧展となっています。

その開催を記念し、ムンクの世界観に共鳴した現代のクリエイターたちによる展覧会が「ニュウ・ムンク展」となります。
青葉市子、白根ゆたんぽ、テニスコーツ、JUN OSON、小林うてな など国内外のカルチャーシーンで存在感を放つ22名が参加。
音楽、映像、イラストレーションなど様々な手法でムンクにインスパイアされた思いを表現しました。
会場は「Intro/イントロ」、「音の部屋:Infinite scream/インフィニットスクリーム」、「絵の部屋:Living people/リビングピープル」の3つのZONEで構成され、様々な視点からムンクを感じることのできる新しいスタイルのエキシビションとなっています。また、「ムンク展」とも連携した展示、グッズ販売も。
オンライン・アートギャラリー・サービス「FRAMED*GALLERY」ともコラボレーションし、映像・イラス トレーションの展示には新時代のインテリアデバイス「FRAMED*」を採用しています。

More Detail

Credit

Organized by: PARCO
Director: TAKCOM
Producer: Daisuke Hiraga, Nao Matsutake
Space Design: Takashi Nakahara
Technical Cooperation, Music Section Video Production: aircord
Graphic Design: Shun Sasaki (AYOND)
Equipment Cooperation: FRAMED*
Music Artist Curation: Satoko Akai
Association: FLAU

Services