TOKYO INTERNATIONAL PROJECTION MAPPING AWARD VOL.1

東京国際プロジェクションマッピングアワード Vol.1

東京国際プロジェクションマッピングアワード Vol.1

Released / OOH

若手クリエイターを対象とした 映像制作の登竜門「東京プロジェクションマッピングアワード vol.0」を、2016/12/17(土)に東京ビッグサイトで開催しました。
同アワードは、映像産業と共に歩んできたイマジカ・ロボットグループが、人材育成を通してコンテンツ産業の発展に寄与すること、また、東京オリンピック・パラリン ピック競技大会開催に向けて、日本のコンテンツ制作力を引き上げ、海外でのCOOL JAPANブランドの向上に貢献することを目的として設立されたものです。

17時からの上映会では16作品の上映を行い、天候にも恵まれ一般来場者も4,234人(※速報値)と大盛況のうちに終えることができました。

今回の受賞作品は、最優秀賞1作品、優秀賞2作品、審査員特別賞2作品、企業賞1作品、計6作品となりました。おめでとうございます。
受賞作品の詳細は下記URLよりご覧ください。
https://pmaward.jp/news/vol1_award_prize/
【開催概要】

名称 : 東京国際プロジェクションマッピングアワード Vol.1
日程 : 2016年12月17日(土)
開場 : 16:30
上映会 : 17:00~18:10(17作品)※予定
場所 : 東京ビッグサイト 会議棟前広場

主催:東京国際プロジェクションマッピングアワード実行委員会
共催:有明エリアマネジメント連絡会、一般社団法人東京臨海副都心まちづくり協議会
特別協賛:株式会社イマジカ・ロボット ホールディングス、株式会社東京ビッグサイト、パナソニック株式会社 / パナソニック システムネットワークス株式会社
協賛:オートデスク株式会社、株式会社キャドセンター

■ 参加チーム:大妻女子大学、芝浦工業大学、女子美術大学、宝塚大学、多摩美術大学、デジタルハリウッド大学、東京家政大学、東京藝術大学、東京工芸大学、福井大学、Pearson College London、University of Reading、デジタルハリウッド、日本工学院八王子専門学校、日本電子専門学校、HAL東京

■ 審査員:
関和亮、橋本大佑、森内大輔、森野和馬、森山朋絵
※敬称略・五十音順
■ 公式WEBサイト
http://pmaward.jp/

■ 公式Youtubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCkm4oV8cOMOMgNCgiLk7eSw
※こちらで全作品の映像、イベント記録映像をご覧頂けます。

 

More Detail

Client

© P.I.C.S. / IMAGICA DIGITALSCAPE

P.I.C.S. Member

Website

http://pmaward.jp/


Credit

Organization: P.I.C.S. , IMAGICA DEGITALSCAPE

Services